SDGsへのとりくみ

SDGs

2022-sdgs01

SDGs(持続可能な開発目標)とは、2001年に策定された MDGs (ミレニアム開発目標の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない( leave no one behind )ことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。
ビーエッチ株式会社でも SDGs の取り組みに賛同し、「レンタル事業による限りある資源の有効活用」や「イベントを通じた”体験”」を通して、持続可能な世界を目指すための貢献をしていきたいと考えています 。

2022-sdgs02

BH Action for SDGs
ビーエッチが取り組んでいるSDGsの目標

画像1

災害時における復旧・復興や、防災・減災需要に対し、すべての人々の安全が確保された、安心して暮らせる地域づくりに貢献します。


画像2

従業員が健康的な生活を確保し、しあわせな環境を促進するために、健康経営を推進することで、長期に亘りいきいきと働ける職場環境を構築します。


画像3

現代の多様化しているライフスタイルを鑑み、性別を問わず、安心して働き、誰もが活躍できる取り組みを推進します。


画像4

地域の文化振興を支援し、持続可能な賑わいを促進するために、地域の取り組みに率先して参画します。


画像5

レンタル商品需要の質を見極め、一般的な廃棄物を減らすことで、地域の一人当たりの環境へ与える悪影響を軽減します。


画像6

レンタル事業を通じて、再生利用・再利用を繰り返すことで、限りある資源の有効活用と廃棄物削減を推進し、地球環境と安心安全な地域づくりに貢献します。


画像7

気候変動によって発生する自然災害を減らすために、イベント資機材の導入時に環境負荷が低い製品を導入を推進するとともに、社内設備を見直すことで、温室効果ガス排出削減を推進します。


画像8

多様なパートナーシップの経験・資源戦略を基に、豊富な経験や資源戦略を持った、効果的な公的、官民、市民社会のパートナーシップを支援することで、持続可能なグローバルパートナーシップ推進します。


2022_sdgs_03

COOL CHOICEとは、2015年、すべての国が参加する形で、2020年以降の温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」が採択され、世界共通の目標として、世界の平均気温上昇を2未満にする(さらに、1.5℃に抑える努力をする)こと、今世紀後半に温室効果ガスの排出を実質ゼロにすることが打ち出されました。
「COOL CHOICE 」は、CO2などの温室効果ガスの排出量削減のために、脱炭素社会づくりに貢献する「製品への買換え」、「サービスの利用」、「ライフスタイルの選択」など地球温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」をしていこうという取組です 。
ビーエッチ株式会社では、この取り組みに賛同し、イベント資機材の購入や会場への導入時に環境負荷が低い製品を率先して推進するとともに、社内設備を同様に見直すことで、地球温暖化対策に貢献をしていきたいと考えています。


2022_snsicon001

〒984-0015
宮城県仙台市若林区卸町2-11-9
TEL:022-236-0050
FAX:022-236-0070
MAIL:oroshimachi@bh-net.co.jp
営業時間
お問い合わせ :10:00~12:00 / 13:15~17:30
商品出庫/入庫:10:00~11:45 / 13:15~17:15
定休日:営業カレンダーはこちら


2022_snsicon001

〒984-0015
宮城県仙台市若林区卸町2-11-9
TEL:022-236-0050
FAX:022-236-0070
MAIL:oroshimachi@bh-net.co.jp
営業時間
お問い合わせ :10:00~12:00 / 13:15~17:30
商品出庫/入庫 :10:00~11:45 / 13:15~17:15
定休日:営業カレンダーはこちら